初めての共同作業、ケーキカット

ウェディングケーキに新郎新婦が入刀するケーキカットも披露宴の定番の演出です。
通常は、セレモニー用の大きなウェディングケーキを新郎新婦が一本のナイフで協力してカットをします。もちろんセレモニー用のケーキなので、入刀する部分だけが、はめ込み式で本物のケーキが入っていたり、カット用の特別の素材でできていたりします。
また、新婦が手作りのケーキを用意することもあり、その場合は小ぶりながら、すべて本物のケーキです。
ケーキカットは結婚後の二人が初めて行う共同作業という意味と結婚を祝うために集まってくれた招待客への幸せのお裾分けの意味が込められています。
このケーキカットの瞬間は、格好のシャッターチャンスのため、司会者の誘導でカメラを持っている招待客はすべてウェディングケーキに入刀する新郎新婦の前に集合します。
ケーキカット後の演出として、ファーストバイトが定着してきました。
ファーストバイトとは、入刀したウェディングケーキを新郎新婦がお互いに食べさせ合う演出で、新郎から新婦への一口は「一生食べるのに困らせないよ」という約束で、新婦から新郎への一口は「一生美味しいものを作るね」という約束を意味しています。
さらに最近では余興的な意味合いで、新婦から新郎へのファーストバイトのときに使用するスプーンが、新郎の口に入らないようなビッグスプーンを使うことがあります。このビッグスプーンのせいで顔中クリームだらけで四苦八苦する新郎を、また写真に撮ろうという企画です。
また、新郎新婦のファーストバイトに先立って、新郎新婦の両親に「お手本をみせて」とお願いして、まず両親が仲良くケーキを食べさせ合う演出もあります。これは両親バイトと呼ばれています。
また、新郎新婦がそれぞれの母親からスプーンでケーキを食べさせてもらうラストバイトという演出もあります。こちらは赤ん坊の頃から食事を食べさせてくれた母親への感謝とこれからは二人で食べていきますという決意が示される演出です。

記事のピックアップ

大切な人へ思いを伝えるスピーチ 披露宴においてはいろいろな形でスピーチの時間が設けられています。
一般的な披露宴の式次第では、新郎新婦入場後、来賓の挨拶が2~3人、祝電披露、祝杯、ウェディングケーキ入刀、会食と歓談、新郎新婦の友人代表の挨拶、余興、キャンドルサービス、花束贈呈、新婦から両親へのメッセージ、両家からの謝辞、新郎新婦退場といった流れで、多くのスピーチがあります。

新郎新婦・友人どちらでも、生演奏 結婚式の披露宴において、音楽の演出も重要です。
特に披露宴のポイント毎に流れるBGMは、その曲によって、披露宴のイメージが形作られるからです。
余興の際の友人によるギターやピアノの生演奏も記憶にも残るものです。
披露宴のBGMもすべて生演奏で用意できるのであれば素晴らしいのですが、一部の結婚式場でのみBGMが生演奏というが現実です。

初めての共同作業、ケーキカット ウェディングケーキに新郎新婦が入刀するケーキカットも披露宴の定番の演出です。
通常は、セレモニー用の大きなウェディングケーキを新郎新婦が一本のナイフで協力してカットをします。もちろんセレモニー用のケーキなので、入刀する部分だけが、はめ込み式で本物のケーキが入っていたり、カット用の特別の素材でできていたりします。
また、新婦が手作りのケーキを用意する場合はすべて本物のケーキです。