新郎新婦・友人どちらでも、生演奏

結婚式の披露宴において、音楽の演出も重要です。
特に披露宴のポイント毎に流れるBGMは、その曲によって、披露宴のイメージが形作られるからです。
余興の際の友人によるギターやピアノの生演奏も記憶にも残るものです。
披露宴のBGMもすべて生演奏で用意できるのであれば素晴らしいのですが、一部の結婚式場でのみBGMが生演奏というのが現実です。
披露宴のBGMは基本的に新郎新婦が選びます。場面場面でBGMが変わっていきます。
まず、新郎新婦の入場のBGMですが、基本的には新郎新婦自身が気に入っていて、気分を高揚させ盛り上げる曲を選びます。次に祝杯の時ですが、「乾杯!」の唱和のタイミングで盛り上がる曲の選択が必要です。
そして、ウェディングケーキの入刀ですが、司会者のナレーションで二人のエピソードを披露してもらいながらBGMを流し、ケーキ入刀の瞬間に曲のサビがくるタイミングが最高です。
プロフィールの紹介ビデオを流す場合は、流れる映像の時代にあったBGMを組み合わせるのがポイントです。
新婦から両親への手紙朗読の際に流れるBGMはクリスタルやオルゴールなどの音源がより感動を引き出します。
そして両親への花束贈呈も感動ポイントですので、静かな感動が伝わるBGMを選択します。
その後、新郎新婦が退場していきますが、このときは招待客みんなに感謝の気持ちが伝わる曲を選びましょう。
全般にBGMの生演奏が可能であれば、それぞれの盛り上がりポイントにサビを持ってこれるように調整が可能です。
結婚式場と相談してみることをお勧めします。

余興での生演奏は観ている人の感動が違います。新郎新婦にその才能があれば、是非披露すべきだし、もし才能がなければ、友人の中に生演奏経験者を探して、お願いをしてみましょう。
新郎新婦から頼まれて、それを断れる友人はなかなかいないと思いますので、お願いをしたうえで、自分も生演奏で歌うくらいの気持ちでいっしょに練習をしてみましょう。

記事のピックアップ

大切な人へ思いを伝えるスピーチ 披露宴においてはいろいろな形でスピーチの時間が設けられています。
一般的な披露宴の式次第では、新郎新婦入場後、来賓の挨拶が2~3人、祝電披露、祝杯、ウェディングケーキ入刀、会食と歓談、新郎新婦の友人代表の挨拶、余興、キャンドルサービス、花束贈呈、新婦から両親へのメッセージ、両家からの謝辞、新郎新婦退場といった流れで、多くのスピーチがあります。

新郎新婦・友人どちらでも、生演奏 結婚式の披露宴において、音楽の演出も重要です。
特に披露宴のポイント毎に流れるBGMは、その曲によって、披露宴のイメージが形作られるからです。
余興の際の友人によるギターやピアノの生演奏も記憶にも残るものです。
披露宴のBGMもすべて生演奏で用意できるのであれば素晴らしいのですが、一部の結婚式場でのみBGMが生演奏というが現実です。

初めての共同作業、ケーキカット ウェディングケーキに新郎新婦が入刀するケーキカットも披露宴の定番の演出です。
通常は、セレモニー用の大きなウェディングケーキを新郎新婦が一本のナイフで協力してカットをします。もちろんセレモニー用のケーキなので、入刀する部分だけが、はめ込み式で本物のケーキが入っていたり、カット用の特別の素材でできていたりします。
また、新婦が手作りのケーキを用意する場合はすべて本物のケーキです。