創作から定番のものまで、合唱・歌

結婚式の披露宴では余興がつきものです。
主に新郎新婦の学生時代の友人や、職場の同僚が新郎新婦に祝辞を述べたうえで、余興を演じます。
余興の定番といえば、歌や合唱です。
昔はアカペラでしたが、今は披露宴会場にカラオケの設備がありますので、事前に歌の練習をして、本番に臨めば、盛り上がること間違いなしです。
昔の定番の歌は「てんとう虫のサンバ」1曲でしたが、今は「世界に1つだけの花」や「家族になろうよ」「乾杯」「未来予想図Ⅱ」などなど非常に多彩です。
その曲目もそのまま歌うのではなく、新郎新婦に合わせて替え歌にしたり、新郎新婦に参加してもらったりと、いろいろな工夫がされています。
歌を単に一曲歌うだけでは、単調になってしまいますので、事前に練習して合唱のハーモニーに磨きをかけたり、振り付けを練習して、踊って歌うなどの工夫が受ける秘訣です。
新郎新婦二人の思い出の歌を事前にリサーチして、それを歌うというのも、ポイントが高いです。
作詞作曲の経験のある人は、新郎新婦へオリジナルの曲を作って、歌ってプレゼントをすれば、一生の思い出になります。
また、ギターやキーボードなどの楽器を演奏しながら、歌うのも高評価です。
別の演出としては、過去に実際にみたことがありますが、新郎新婦が二人そろって両親への感謝の気持ちを歌にして伝えるということがあって、非常に感動しました。その逆で、新婦の父親が新婦のために歌を披露することもありました。
いずれにしても、披露宴に集まった招待客の関係性の中で、歌や合唱に一工夫加えることで、一生の思い出に残る余興となります。披露宴は全編動画で記録されることが多いので、その動画をDVDなどに保存して、当日はお色直し等ですべてを観ることができなかった新郎新婦のために提供されるというのもごく普通のことです。
そのオリジナルのDVDは、新郎新婦にとって宝物になりますから。
結婚披露宴は感動の場であると同時にエンターテインメントの要素も必要なのです。

記事のピックアップ

大切な人へ思いを伝えるスピーチ 披露宴においてはいろいろな形でスピーチの時間が設けられています。
一般的な披露宴の式次第では、新郎新婦入場後、来賓の挨拶が2~3人、祝電披露、祝杯、ウェディングケーキ入刀、会食と歓談、新郎新婦の友人代表の挨拶、余興、キャンドルサービス、花束贈呈、新婦から両親へのメッセージ、両家からの謝辞、新郎新婦退場といった流れで、多くのスピーチがあります。

新郎新婦・友人どちらでも、生演奏 結婚式の披露宴において、音楽の演出も重要です。
特に披露宴のポイント毎に流れるBGMは、その曲によって、披露宴のイメージが形作られるからです。
余興の際の友人によるギターやピアノの生演奏も記憶にも残るものです。
披露宴のBGMもすべて生演奏で用意できるのであれば素晴らしいのですが、一部の結婚式場でのみBGMが生演奏というが現実です。

初めての共同作業、ケーキカット ウェディングケーキに新郎新婦が入刀するケーキカットも披露宴の定番の演出です。
通常は、セレモニー用の大きなウェディングケーキを新郎新婦が一本のナイフで協力してカットをします。もちろんセレモニー用のケーキなので、入刀する部分だけが、はめ込み式で本物のケーキが入っていたり、カット用の特別の素材でできていたりします。
また、新婦が手作りのケーキを用意する場合はすべて本物のケーキです。