大規模の場合はホテルもあり!

結婚式を行うことができるホテルは、基本的に規模が大きく、充実した設備を備えています。
大人数の結婚式の場合は接客サービスのプロ集団がその特色を生かして蓄積されたノウハウをもって対応してくれるため安心感があります。
ホテルウェディングの特徴としては、まずホテルですから宿泊の手配が便利です。披露宴後の宿泊が可能ですし、遠方からの招待客の前泊や後泊などの宿泊や控え室の手配も容易です。
また、会場となるホテルは専門式場と違い、オーソドックスな造りですが、高貴で格式高い雰囲気があって、出席者に年配者が多い場合には安心して利用ができます。
専門式場と同じようにホテル内にチャペルや神殿を用意しているホテルが多く、挙式会場から披露宴会場への移動や準備がスムーズにできます。
そして最大の特徴は、大きなホテルの場合は街のランドマーク的な位置にあって、誰にもわかりやすく交通の便がいいところが多く非常に便利なことです。仮に主要な駅から離れていても、シャトルバスを運行するなどして、交通に不便がないように準備されています。
ホテル内には、ブライダル専門のスタッフがいて、様々な要望や相談に乗ってくれますので、オリジナル演出や企画の実行も可能です。
ただし、ホテルウェディングの注意点としては、施設やサービスが充実している反面、なにもかもお任せするとその料金がかなりの高額となってしまいます。そんな場合は、想定する披露宴の内容や規模に応じて、ホテルのランクを調整しながら、予算をコントロールするのも一つの方法です。
また、多くのホテルでは、衣装やブーケ、席札、引き出物などをホテルの提携店に依頼するシステムになっているようです。オリジナル演出や企画で手作りのものを利用しようとすると、持ち込み料がかかる場合がありますので注意が必要です。
事前に、予算と披露宴の内容、オリジナルやサプライズ演出の設定など、ある程度の骨子を固めた上で、ホテルのブライダル専門のスタッフと相談してみることをお勧めいたします。

記事のピックアップ

大切な人へ思いを伝えるスピーチ 披露宴においてはいろいろな形でスピーチの時間が設けられています。
一般的な披露宴の式次第では、新郎新婦入場後、来賓の挨拶が2~3人、祝電披露、祝杯、ウェディングケーキ入刀、会食と歓談、新郎新婦の友人代表の挨拶、余興、キャンドルサービス、花束贈呈、新婦から両親へのメッセージ、両家からの謝辞、新郎新婦退場といった流れで、多くのスピーチがあります。

新郎新婦・友人どちらでも、生演奏 結婚式の披露宴において、音楽の演出も重要です。
特に披露宴のポイント毎に流れるBGMは、その曲によって、披露宴のイメージが形作られるからです。
余興の際の友人によるギターやピアノの生演奏も記憶にも残るものです。
披露宴のBGMもすべて生演奏で用意できるのであれば素晴らしいのですが、一部の結婚式場でのみBGMが生演奏というが現実です。

初めての共同作業、ケーキカット ウェディングケーキに新郎新婦が入刀するケーキカットも披露宴の定番の演出です。
通常は、セレモニー用の大きなウェディングケーキを新郎新婦が一本のナイフで協力してカットをします。もちろんセレモニー用のケーキなので、入刀する部分だけが、はめ込み式で本物のケーキが入っていたり、カット用の特別の素材でできていたりします。
また、新婦が手作りのケーキを用意する場合はすべて本物のケーキです。